HOME事項 福祉と公共政策 科学技術倫理

「社会情報学」基本資料


                 

ICとLSIとマイクロプロセッサとトランジスター
ICTとIT
ICカードと個人情報
ISDN
●IT→ICTとIT
ITS/高度道路情報システム
RNA
アイドル/スター
アウトソーシング
アウラ
アーカイブと記録
アーキテクチャ
アサーション
アジェンダセッティング/議題設定
「新しい女」
アーティキュレーション
アナウンスメント効果/アンダードッグ効果/バンドワゴン効果
アニメーション/アニメ
アーパネット
アフォーダンス
アブダクション
アミノ酸
アルゴリズム
●アルファベット→文字-古代
●アンダードッグ効果→アナウンスメント効果/アンダードッグ効果/バンドワゴン効果
Top


●e-Japan 戦略→ICTとIT
イオンチャンネル
意見
イコン
●一次テクスト/二次テクスト/三次テクスト→カルチュラル・スタディーズ
▼イデオロギー
 ●イデオロギー
 ●イデオロギー装置
 ●イデオロギーの終焉→豊かな社会と「イデオロギーの終焉」
▼遺伝
 ●遺伝
 ●遺伝子
イノベーション/技術革新
意味論
イメージ
印刷/印刷術
▼インターネット
 ●インターネット
 ●インターネット関連法令
 ●インターネット消費→パーソナル・マーケティング
 ●インターネット倫理綱領
インパルス
Top


ウォークマン
▼受け手
 ●受け手→送り手と受け手
 ●受け手研究→オーディエンス研究/受け手研究
●ウルトラマン→特撮(特殊撮影)とウルトラマン
うわさ/うわさ話/流言
Top


AGIL図式
ENIAC
●LSI→ICとLSIとマイクロプロセッサとトランジスター
●NSA(国家安全保障局)→エシュロンとNSA(国家安全保障局)
▼映画
 ●映画
 ●映画館/シネマコンプレックス(シネコン)
エシュロンとNSA(国家安全保障局)
エスノグラフィー/民族誌学
エスノセントリズム/自民族中心主義
エスノメソドロジー
エピステーメー
演繹
遠近法
演劇と演技
エンコーディングとデコーディング
エントロピー
Top


●大きな物語→ポストモダンと後期近代
●大新聞と小新聞→新聞-日本
▼送り手
 ●送り手研究
 ●送り手と受け手
おたく/オタク
オーディエンス研究/受け手研究
おとなと子ども
オートポイエーシス
オートマトン
オピニオン・リーダー
オープンデータ
●オペラント条件づけ→行動主義
オリエンタリズム
▼音楽
 ●音楽産業
 ●音楽配信
  ●うたごえ運動/うたごえ喫茶
  ●エレキ・ブーム
  ●演歌
  ●カラオケ
  ●グループ・サウンズ
  ●Jポップ
  ●渋谷系
  ●ジャズ/ジャズ喫茶
  ●シャンソン
  ●ニュー・ミュージック
  ●バンド・ブーム
  ●フォーク・ソング
  ●ライブハウス
  ●流行歌
  ●路上ライブ
  ●ロック/ロカビリー
音声/声
●オンライン・ショッピング→パーソナル・マーケティング
Top


▼解釈
 ●解釈/解釈学
 ●解釈学的循環
●概念
概念分析
●カウンター・カルチャー→対抗文化/カウンターカルチャー
カオス
カオス/ノモス/コスモス
科学的管理法とホーソン実験
●カスタマーズ・リレーションシップ・マネジメント→パーソナル・マーケティング
仮説と仮説演繹法と検証/反証
貸本と劇画
●カプセル人間→団塊の世代と団塊ジュニアと新人類
●カフェ→コーヒー・ハウス/カフェ/喫茶店
下部構造と上部構造
紙とパピルスと木簡と羊皮紙:書写メディア
紙芝居
●カメラ→写真とカメラ
カルチュラル・スタディーズ
カロリング・ルネサンス
●かわら版→新聞-日本
感覚
環境世界
観察
監視/監視社会
間主観性/共同主観性
▼感情
 ●感情
 ●感情社会学
 ●感情労働
●間テクスト性→テクスト/間テクスト性/コンテクスト
▼観念
 ●観念
 ●観念論
●かんばん方式→ジャスト・イン・タイム
管理社会
Top


記憶
帰結主義
▼記号
 ●記号
 ●記号学/記号論
 ●記号消費→消費/消費社会/高度大衆消費社会
疑似イベント
●疑似環境→ステレオタイプと疑似環境
▼技術
 ●技術
 ●技術革新→イノベーション/技術革新
 ●技術決定論と文化決定論
 ●技術士
 ●技術者倫理
 ●技術者倫理要綱
基礎づけ主義
期待/予期
●議題設定→アジェンダセッティング/議題設定
●喫茶店→コーヒー・ハウス/カフェ/喫茶店
帰納
●共同主観性→間主観性/共同主観性
客観性
キャラ化
キャラクターと萌え現象
●キャンペーン効果→効果研究(メディアの)
強力効果モデル
●記録映画→ドキュメンタリー/記録映画
Top


クラウドファウンディング
クリエイティブ・コモンズ
クロス集計
●クリエイティブ産業→コンテンツ産業とクリエイティブ産業
●クールジャパン→メディア芸術
群集/群衆
Top


▼経験
 ●経験
 ●経験主義
経済発展段階説/社会発展段階説
携帯電話
●劇画→貸本と劇画
ゲートキーパー
ゲノム
ゲーミフィケーション
検閲
▼言語
 ●言語
 ●言語学
 ●言語起源説
 ●言語ゲーム
 ●言語行為/言語行為論
 ●言語野と失語症
 ●言語論的転回
●衒示的消費→消費/消費社会/高度大衆消費社会
●検証→仮説と仮説演繹法と検証/反証
現象学
限定効果モデル
Top


コア・コンピタンス
光学/光と幻灯
●行為遂行的発言→言語行為/言語行為論
効果研究(メディアの)
公共放送と民間放送
●後期近代→ポストモダンと後期近代
広告
●工場→産業革命と工場
公衆
構造主義
構築主義
▼行動
 ●行動
 ●行動主義
高度経済成長
●広報→パブリック・リレーションズ(PR)/広報
▼合理
 ●合理化
 ●合理主義
 ●合理性
▼声
 ●声→音声/声
 ●声の文化と文字の文化
●顧客情報データベース→パーソナル・マーケティング
個人情報保護と通信傍受法
コード
●子ども→おとなと子ども
●コノテーション→デノテーションとコノテーション
コーヒー・ハウス/カフェ/喫茶店
●コーホート→世代
コミックマーケット
▼コミュニケーション
 ●コミュニケーション
 ●コミュニケーション的行為(ハーバーマスの)
 ●コミュニケーション論
 ●コミュニケーションの二段の流れ
語用論
●コンテクスト→テクスト/間テクスト性/コンテクスト
コンテンツ産業とクリエイティブ産業
●コンビニエンス・ストア→POSとコンビニエンス・ストア
コンピュータ
Top


差異
再帰性
サイバネティクス
サイボーグとロボット、人工知能
▼雑誌
 ●雑誌
 ●雑誌リスト(明治大正期)
 ●雑誌リスト(戦後~70年代)
サブカルチャー/ポピュラー・カルチャー
サプライ・チェーン・マネジメント
散逸構造
▼産業
 ●産業社会
 ●産業革命と工場
三種の神器と3C
参与観察
Top


CMC
G空間情報(地理空間情報)
●ジェスチュア→非言語コミュニケーションとジェスチュア
視覚的人間
自己組織性
視床下部
思想の科学
実証主義
実証主義論争
質的調査と量的調査
●質的データ→量的データと質的データ
●質問紙→調査票/質問紙
シナプス
シニフィアンとシニフィエ
●シネマコンプレックス(シネコン)→映画館/シネマコンプレックス(シネコン)
シミュラークル
●自民族中心主義→エスノセントリズム/自民族中心主義
社会情報学
写真とカメラ
ジャスト・イン・タイム
ジャーナリズム
シャノン-ウィーバー・モデル
修道院
●述語論理→論理学
●出版資本主義→印刷/印刷術
受容体
●条件反射→行動主義
状況の定義と予言の自己成就
情動主義(倫理学の)
消費/消費社会/高度大衆消費社会
▼情報
 ●情報
 ●情報化社会/情報社会
 ●情報化社会論
 ●情報公開
 ●情報の歴史
 ●情報モラル
 ●情報倫理
 ●情報産業
知る権利
指令主義(倫理学の)と普遍化可能性
神経伝達物質
人格崇拝
●新人類→団塊の世代と団塊ジュニアと新人類
●人工知能→サイボーグとロボット、人工知能
●心脳問題→脳とこころ
心脳同一説と機能主義
▼新聞
 ●新聞-ヨーロッパ
 ●新聞-日本
 ●新聞学
シンボリック相互作用論
シンボル/象徴
深夜放送(ラジオの)
Top


推論
●スター→アイドル/スター
ステレオタイプと疑似環境
スノーボール・サンプリング
スペクタクル
Top


●生活史→ライフヒストリー
成熟社会
聖地巡礼
▼青年
 ●青年→若者と青年
 ●青年文化/若者文化/ユース・カルチャー
▼生命
 ●生命
 ●生命記号論
セキュリティ文化
世代
セックス(コミュニケーションとしての)とセックスレス
説得
説明
▼選挙
 ●選挙運動と投票
 ●選挙報道
染色体
扇動
Top


SOHO
憎悪表現/ヘイト・スピーチ
●総合的→分析的と総合的
相互行為
相対主義
ソシオグラムとソシオメトリー
ソーシャル・ネットワーキング・サービス/SNS
ソーシャルメディアとソーシャルゲーム
創発/創発性
疎外
空へ:気球と飛行機とロケット
●存在拘束性→知識社会学
Top


第1~第4世代コンピュータ
大学-中世
●対抗文化→対抗文化/カウンターカルチャー
●『第三の波』→情報化社会論
▼大衆
 ●大衆
 ●大衆社会
 ●大衆操作
 ●大衆文化
▼大脳
 ●大脳
 ●大脳皮質
対話
●タウン誌→雑誌リスト(戦後~70年代)
脱工業化社会/ポスト工業化社会/高度産業社会
●他人指向型→伝統指向型と内部指向型と他人指向型
●多品種少量生産→フォーディズムとポスト・フォーディズム、多品種少量生産
ダブル・コンティンジェンシー[二重の偶有性/二重の偶発性/二重の条件依存性]
●ダブルバインド→メタコミュニケーションとダブルバインド
多文化主義
多変量解析
団塊の世代と団塊ジュニアと新人類
Top


知覚
▼知識
 ●知識
 ●知識ギャップ仮説→効果研究(メディアの)
 ●知識産業/知識社会→脱工業化社会/ポスト工業化社会/高度産業社会
 ●知識社会学
 ●知識人
地図
知性
知的財産権/知的所有権
チューリング・マシン
▼超越論
 ●超越論的
 ●超越論哲学
調査票/質問紙
聴衆/オーディエンス
▼著作権
 ●著作権-ダウンロードの違法化
 ●著作権-著作権(著作財産権)
 ●著作権-著作権(著作者人格権)
 ●著作権-二次利用/二次創作
 ●著作権-フェアユース
直覚主義(倫理学の)
直観
●地理空間情報→G空間情報(地理空間情報)
沈黙の螺旋理論
Top


通信の自由化
●通信傍受法→個人情報保護と通信傍受法
Top


DNA
TCP/IP
●適度効果モデル→効果研究(メディアの)
テクスト/間テクスト性/コンテクスト
テクノクラシーとテクノクラート
●デコーディング→エンコーディングとデコーディング
デザイン
▼デジタル
 ●デジタル化と教育
 ●デジタル・アーカイブ→アーカイブと記録
鉄道
デノテーションとコノテーション
●デマ→うわさ/うわさ話/流言
テレビジョン
テレビ・ゲーム/ビデオ・ゲーム
●テレワーク→SOHO
電子書籍
電磁波
電信
伝統指向型と内部指向型と他人指向型
電話
Top


ドイツ観念論
動画配信
統辞論/統語論/構文論
ドキュメンタリー/記録映画
特撮(特殊撮影)とウルトラマン
読書
匿名性
図書館
●トランジスター→ICとLSIとマイクロプロセッサとトランジスター
Top


内面化
内容分析
ナレッジ・マネジメント
Top


●ニコニコ生放送→ライブ配信サービス[ユーストリーム/USTREAM(Ustream)・ニコニコ生放送]
●二重の偶有性/二重の偶発性/二重の条件依存性→ダブル・コンティンジェンシー[二重の偶有性/二重の偶発性/二重の条件依存性]
日常言語学派
日本技術者教育認定機構(JABEE)
日本再興戦略
認識/認識論
認知科学
Top


Top


ネット選挙
ネットワーク組織
Top


▼脳
 ●
 ●脳死
 ●脳神経倫理学
 ●脳とこころ
●ノンバーバル・コミュニケーション→非言語コミュニケーションとジェスチュア
Top


●パフォーマンス→演劇と演技
ハイブリッドキャスト
●培養理論→効果研究(メディアの)
●初音ミク→ボーカロイド
パソコン通信
パーソナル・コンピュータ/パソコン
パーソナル・マーケティング
●パノプティコン→規律/規律訓練
●パノラマ→映画
●パピルス→紙(paper)とパピルス(papyurus)と木簡と羊皮紙:書写メディア
パブリック・リレーションズ(PR)/広報
パラディグム(範例)とサンタグム(連辞)
●パロール→ラングとパロールとランガージュ
反証と反証可能性
●バンドワゴン効果→アナウンスメント効果/アンダードッグ効果/バンドワゴン効果
Top


非言語コミュニケーションとジェスチュア
ビッグデータ
ビデオ
■ビデオ・ゲーム→テレビ・ゲーム/ビデオ・ゲーム
●PR→パブリック・リレーションズ(PR)/広報
批判的合理主義
批判理論
ビブリオバトル
表現の自由
表象
●標本→母集団と標本
Top


ファッションとモード
●ファミリー・コンピュータ(ファミコン)→テレビ・ゲーム/ビデオ・ゲーム
ファン
フィクションとリアリティ
フィードバック
フォト・ジャーナリズム
フォーディズムとポスト・フォーディズム、多品種少量生産
複写機/コピー機
複雑系
複製技術と複製文化
物象化
物神崇拝
▼普遍
 ●普遍的語用論
 ●普遍
 ●普遍化可能性→指令主義(倫理学の)と普遍化可能性
 ●普遍論争
プライバシー
フラクタル
プラグマティズム
プラモデルと着せ替え人形
フランクフルト学派
ブランド
プロパガンダ
▼文化アーカイブ
 ●文化
 ●文化産業
 ●文化資本と文化的再生産
 ●文化政策
 ●文化相対主義
 ●文化唯物論
 ●サブカルチャー/ポピュラー・カルチャー
 ●対抗文化/カウンターカルチャー
 ●大衆文化
 ●多文化主義
 ●青年文化/若者文化/ユース・カルチャー
分析的と総合的
分子生物学
文法
Top


●ヘイト・スピーチ→憎悪表現/ヘイト・スピーチ
ヘゲモニー
Top


POSとコンビニエンス・ストア
法則
ボーカロイド
ポケットベル/ポケベル
ポスター
●ポスト・フォーディズム→フォーディズムとポスト・フォーディズム、多品種少量生産
母集団と標本
●ポスト工業化社会→
脱工業化社会/ポスト工業化社会/高度産業社会
ポストモダンと後期近代
ポストヒューマン
●ホーソン実験→科学的管理法とホーソン実験
●ポピュラー・カルチャー→サブカルチャー/ポピュラー・カルチャー
ホルモン
Top


●マイクロプロセッサ→ICとLSIとマイクロプロセッサとトランジスター
マイナンバー(社会保障・税番号制度)
●マクドナルド化→フォーディズムとポスト・フォーディズム、多品種少量生産
マーケティング
●マジックランタン→光学/光と幻灯
マス・コミュニケーション
マス・メディア
マンガ
Top


●見せびらかしの消費/衒示的消費→消費/消費社会/高度大衆消費社会
ミメーシス
●ミュージックホール→コーヒー・ハウス/カフェ/喫茶店
●ミュンヒハウゼンのトリレンマ→基礎づけ主義
●ミラーニューロン
●民間放送→公共放送と民間放送
●民族誌学→エスノグラフィー/民族誌学
Top


無文字社会
Top


●命題論理→論理学
メタコミュニケーションとダブルバインド
メッセージ
▼メディア
 ●メディア
 ●メディア(ルーマンの)
 ●メディア依存モデル→効果研究(メディアの)
 ●メディア・イベント
 ◆メディア芸術
 ●メディアはメッセージ
 ●メディア・リテラシー
 ●メディア論
●メリトクラシー→業績主義とメリトクラシー
面接調査/聞き取り
Top


●萌え現象→キャラクターと萌え現象
目的論(倫理学の)
▼文字
 ●文字
 ●文字-古代
 ●文字-中世
●木簡→紙とパピルスと木簡と羊皮紙:書写メディア
モデル
●モード→ファッションとモード
Top


Top


UNIX
郵便
●ユース・カルチャー→青年文化/若者文化/ユース・カルチャー
●ユーストリーム/USTREAM(Usteram)→ライブ配信サービス[ユーストリーム/USTREAM(Ustream)・ニコニコ生放送]
豊かな社会と「イデオロギーの終焉」
ユビキタス
Top


●羊皮紙→紙とパピルスと木簡と羊皮紙:書写メディア
●予期→期待/予期
●予言の自己成就→状況の定義と予言の自己成就
▼世論
 ●世論
 ●世論調査
Top


LINE
ライブ配信サービス[ユーストリーム/USTREAM(Ustream)・ニコニコ生放送]
ライブハウス
ライトノベル
ライフヒストリー
ラジオ
ラテン・アヴェロエス主義
ラングとパロールとランガージュ
Top


●リアリティ→フィクションとリアリティ
●流言→うわさ/うわさ話/流言
流行
●量的調査→質的調査と量的調査
量的データと質的データ
利用と満足研究
▼理論
 ●理論
 ●理論負荷性
Top


ルポルタージュ
Top


レトリック
レコード
恋愛
Top


朗読
ロゴス
●ロボット→サイボーグとロボット、人工知能
ロマン主義
▼論理
 ●論理学
 ●論理実証主義
Top


▼若者
 ●若者と青年
 ●若者文化→青年文化/若者文化/ユース・カルチャー
ワークショップ
ワードプロセッサ/ワープロ
Top


◆20110213, 0214, 0218, 0219, 0220, 0221, 0302, 0310, 0413, 0417, 0418, 0423, 0424, 0501, 0504, 0505, 0515, 0522, 0529, 0614, 0620, 0707, 0709, 0718, 0804, 0805, 0908, 0909, 0919, 0923, 0924, 0925, 0930, 1002, 1008, 1009, 1016, 1104, 20120109, 0121, 0213, 0227, 0722, 0928, 1007, 1111, 1117, 1124, 1204, 1207, 1214, 1217,..., 20130623, 0627, 0629, 0630, 0704, 0705, 0706, 0707, 0712, 0713, 0718, 0720, 0725, 0726, 0727, 0728, 0731, 0804, 0929*, 1003, 1105, 1109, 1115, 1201, 1206, 1207, 1208, 1212, 1213, 1214, 1215, 1221, 1223, 1224, 1225, 20140102, 0108, 0111, 0112, 0119, 0126, 0202, 0205, 0221, 0227, 0301, 0302, 0327, 0329, 0412, 0418, 0419, 0420, 0421, 0425, 0426, 0427, 0428, 0515, 0516, 0518, 0524, 0525, 0530, 0601, 0606, 0607, 0608, 0616, 0707, 0721, 0803, 0917, 0927, 0928, 1018, 1030, 1111, 1116, 1130, 1224, 20150625, 0711, 0718, 20160519

HOME事項 福祉と公共政策 科学技術倫理