HOME ≫「社会情報学」基本資料

科学的管理法(scientific management)とホーソン実験(Hawthorne experiments)


◆科学的管理法
□「テイラー、F. W. が提唱した労働者の管理方法。テイラリズムとも呼ばれる。20世紀前後のアメリカの向上では組織的怠業が問題となっていたが、彼はその原因が労働者の作業内容についての知識を監督者が欠いている点にあると考えた。テイラーは、労働者の行う作業を細かい動作に分解したうえで個々の動作の所要時間や効率性を研究し、標準的な課業 task を確定するという方法を考案した。このような作業研究にもとづく労働者管理が科学的管理法である。この方法は、労働者の能率的な管理を可能にし、現代の経営学の出発点となったが、他方で、主体性を奪われることになる労働者からの強い抵抗があった。レギュラシオン派が指摘したように、科学的管理法が労働者に受け入れられるようになるためには、生産性に比例した賃金上昇が認められねばならなかったのである」(沖[2012:169])

◆ホーソン実験
□「1924年から32年にかけて、アメリカのウェスタン・エレクトリック会社のホーソン工場で行われた一連の実験。メイヨー、G. E. やレスリルバーガー、F. J. の指導のもと、物理的な労働条件が作業効率や生産性に及ぼす影響を調べるために行われた。実験の結果、当初の予想に反して、インフォーマルな人間関係や労働者の感情が作業効率や生産性に大きく寄与していることが明らかになった。この実験結果は、科学的管理法にもとづいていた当時の職場管理研究に人間関係アプローチの必要性を認識させることになった」(西川[2012:1178])

◆感情の論理(logic of sentiment)
□「労働管理論で提唱された概念であり、組織が公的には効率の論理で動くのに対して、非公式的には感情に大きく影響されることを明らかにしたものである。
 レスリルバーガー、F. J. はホーソン実験などの知見から人的管理に注目し、労働者が必ずしも効率や採算性によって働くのではなく、それらと時には相反する上司や同僚、組織への愛着、雰囲気に左右されながら労働を行うことを見出した。彼はこうした側面を感情の論理と名付け、それを重視した労働管理を提唱したのである」(崎山[2012:227])


▼文献
●沖公祐、2012「科学的管理法」大澤・吉見・鷲田編集委員・見田編集顧問[2012:169]
●崎山治男、2012「感情の論理」大澤・吉見・鷲田編集委員・見田編集顧問[2012:227]
●西川純司、2012「ホーソン実験」大澤・吉見・鷲田編集委員・見田編集顧問[2012:1178]

■大澤真幸・吉見俊哉・鷲田清一編集委員・見田宗介編集顧問、2012『現代社会学事典』弘文堂.

▼関連
◆20140518

HOME ≫「社会情報学」基本資料