HOME ≫「社会情報学」基本資料

ジャスト・イン・タイム(just in time ; lean manufacturing)


◆概要
□「トヨタ自動車が創案した生産管理方式。自動車製造においてモノ(部品)の流れと後工程から前工程への情報の流れを同期化するというのが基本的コンセプトである。その目的は「必要なものを必要な時に必要な分だけ製造する」という、在庫を可能な限り圧縮する生産の仕組みを実現することにある。その客観的な意義は大量生産の「メリット」を相対化したことにある。ロットを大きくし、一括して加工することが規模の経済にかない、コスト削減につながるという見方に対して、むしろ小ロットで加工するほうが全体的な生産量の平準化が達成でき、コスト圧縮と同時に生産の柔軟性も確保しうるという考えである。この生産管理方式の代表例が1960年代に導入された「かんばん方式」である。必要量とは無関係に前工程で生産・加工した部品を後工程にまわすというのではなく、後工程が使用し、補充が必要となった分だけを前工程に引き取りに行く方式。補充する部品名・納入日時・数量などを記載した作業指図書が「かんばん」と呼ばれるカードである」(半田[2002:411])
▼文献
●半田正樹、2002「ジャスト・イン・タイム」北川・須藤・西垣・浜田・吉見・米本編集委員[2002:411]

■北川高嗣・須藤修・西垣通・浜田純一・吉見俊哉・米本昌平編集委員、2002『情報学事典』弘文堂.


▼参考文献
■門田安弘、1991『新トヨタシステム』講談社.
■野村正實、1993『トヨティズム』ミネルヴァ書房.
●安丸良夫、1995「現代の思想状況」(1995『岩波講座 日本通史21 現代2』岩波書店)→「現代日本の思想状況」(安丸良夫、2004『現代日本思想論――歴史意識とイデオロギー』岩波書店:3-53.)

●安丸良夫、1995「現代の思想状況」(1995『岩波講座 日本通史21 現代2』岩波書店)→「現代日本の思想状況」(安丸良夫、2004→2012『現代日本思想論――歴史意識とイデオロギー』岩波書店:3-59.)
□「[…]トヨタのばあいは、49年に機械工場長となった大野耐一の指導で、やがてトヨタ・システムと呼ばれるようになった徹底的な合理化が遂行された。トヨタ・システムは、まだ国内の自動車産業の将来が見きわめがたい段階で、多様化に強い「多品種少量生産」をめざして作りだされたもので、「自動化」と「ジャスト・イン・タイム」というふたつの原理をもつ。トヨタでも、労働・・9 者はそれまで旋盤工・フライス工などとして一台の専門工作機を担当する熟練工だったのだが、@自動化」は労働者のこうした専門性を解体して労働過程を細分し、労働時間の「分かちあい」を可能にして手持ち時間をなくした。「ジャスト・イン・タイム」は、鉄製のかんばんを立てて後工程が前工程に必要な部品を、必要なときに、必要な量だけとりに行く「かんばん方式」によって行われるもので、これは生産と在庫のムダを極限まで排除することを意味している。ふたつの原理は、あらゆるムダを省くという点で共通しており、ムダの排除によってその背後に隠れている余剰労働力を除去しようとするものである。また、労働過程の単純化によって、多数の季節工・臨時工などの雇用が可能となり、労働費用の節約と調整の余地が大きくなる」(安丸[1995→2012:9-10])

□「鎌田慧は、72年9月から翌年2月までの半年間、季節工としての募集に応じてトヨタ本社工場で働いた。その経験を日記風に記した『自動車絶望工場』(鎌田[1973])は、トヨタ・システムをその現場からとらえかえしたルポルタージュである。ベルト・コンベアを前にした単純労働が労働者を疲労困憊させる状況がよくわかり、鎌田自身もやっとの思いで6カ月間の契約期間を了えた。季節工・臨時工などの比率が高く、途中でやめていく者は驚くほど多数で、労働者の定着率は低い。労働災害も少なくない。労働者たちは、仲間うちではほとんど自嘲的な口吻でトヨタの悪口をいうが、労働組合はそうした労働者の不満とはまったくべつのところにある。しかし、「寮内の若い労働者のほとんどは、カラーテレビ、ステレオ、そして車をもち、マイホームの建設を夢みている。電気製品と車の月賦を払い終わった頃、結婚する」。持家制度が普及していて、「一定の年齢に達し、一定の生活内容を作りそれを支える一定の賃金を受け取ると、もうかれはいまの企業から出れなくなる」、と鎌田は報告している」(安丸[1995→2004:11])


▼関連

◆20110627, 20121229, 20131006*, 20140725

HOME ≫「社会情報学」基本資料