HOME ≫「社会情報学」基本資料

非言語的コミュニケーション(nonverbal communication)とジェスチュア(gesture)


◆非言語的コミュニケーション
□「体系だったコード基盤とする言語(音声/文字)によるコミュニケーションの他、われわれは多彩な手段を用いて非言語的コミュニケーションを営んでいる。主な非言語的コミュニケーションとして、身ぶり(ジェスチャー)、表情、まなざし、姿勢などの身体動作があり、総称して身体言語(ボディ・ランゲージ)と呼ぶことがある。とくに感情的要素の伝達には表情の果たす役割が大きく、バードウィステル Ray Birdwhistell は、人間の表情には2万種以上の異なる信号の発信能力があると述べている。その他、触れる、なである、抱くなどの身体接触も広義の身体言語である。また、言語の発信に伴う韻律的信号(休止、イントネーション、ストレス、リズム等)や付随的音声行動(呻吟、感情音)などは言語周辺的信号(paralinguistic singal)と呼ばれる。エドワード・ホール Edward T. Hall は、動物学的知見を援用して、人間にも他の個体との間に種固有の距離の取り方があるとし、密接距離、個体距離、社会距離、公衆距離の4種を区別したが、こうした空間行動も一種の非言語的コミュニケーションである。さらに、性的/感情的興奮に伴う体臭や、人工的生産物である香水など、嗅覚的信号によって結果的に他個体を惹きつけたり、遠ざけたりするのも非言語的コミュニケーションである。
 音楽や舞踊、絵画などの芸術的活動も、言語では十分に表現し得ない感情、欲動、非言語的思考を表出し、他者との共有をはかろうとする行動であり、コミュニケーション行動の一部と言える。さらに、われわれは他者の服飾、髪型などの装いから、様々な情報を読みとっているが、そうした情報が装着者によって発信を意図されたものか否かにかかわらず、認知的接触過程で意味が伝達されているなら、非言語的なコミュニケーションが成立していると言える」(橋元[2002:767])

◆ジェスチャー
□「手を中心とした身体の表現活動を一般に身ぶりとよぶ。身ぶりには、話すことばを強調したり、リズムをとったり、補足したりする言語的なものと、ことばとしては話されない意思や観念をあらわす非言語的なものとがあるが、いずれもふつう思われているよりはるかに文化特有的である。また、身ぶりに性的な表現や金銭をあらわすものが少なくないのは本来的に隠語的であるからだ。といっても、社会のなかの誰もがそれらを知っているという点でふつうの隠語と異なる、いわば公的隠語なのである。
 手による表現には、それぞれの文化のなかで定型的なものと非定型的なものと非定型的なものがあるが、コミュニケーションを意図してなされる定型的な動作は「身ぶり語」とよぶことができる。「身ぶり語」はその発生と機能から5種類に分けられる。
(1)「言語的身ぶり」発話に随伴する動作。言語と同時に発生したものだろう。
(2)「相互交渉的身ぶり」手招きしたり、相手の肩をたたいたりする動作。
(3)「儀式的身ぶり」握手やキスなどの挨拶の身ぶりのように、元来が人間関係を調整する実質的行動であったものが儀式化し、記号化したもの。
(4)「模写的身ぶり」手で事物の形態をなぞるもの。しかし、模写といっても約束事であることが多い。
(5)「神話的身ぶり」模写的身ぶりの一種だが、その模写がそれぞれの文化に固有な俗信に基づいているもの」(野村[2002:903])

□「身ぶりや手まねなどにより非言語コミュニケーションの一種。ジェスチュア。
 ジェスチャーは、話し言葉と併用してより豊かな情報を伝えたり、話し言葉の代りに(時には、話し言葉を使えない場面で)情報を伝える機能を持つ。
映像的ジェスチャー(例:物体の形状や動作を手まねで表現)、
比喩的ジェシュチャー(例:腕を回して「急げ」という抽象的概念を表現)、
指示的ジェスチャー(例:会話中の「これ」や「あそこ」を指し示す)、
ビート(例:強調したい語句のところで拳を上下に振る)などに分類できる」(佐藤[2002:366])


▼文献
●橋元良明、2002「非言語的コミュニケーション」北川・須藤・西垣・浜田・吉見・米本編集委員[2002:767]
●佐藤皇太郎、2002「ジェスチャー」北川・須藤・西垣・浜田・吉見・米本編集委員[2002:366-367]
●野村雅一、2002「身ぶり」北川・須藤・西垣・浜田・吉見・米本編集委員[2002:903]

■北川高嗣・須藤修・西垣通・浜田純一・吉見俊哉・米本昌平編集委員、2002『情報学事典』弘文堂.

▼関連文献
■佐藤綾子、2014『非言語表現の威力――パフォーマンス学実践講座』講談社現代新書.

▼関連
◆20140919, 0928, 1006

HOME ≫「社会情報学」基本資料