HOME ≫「社会情報学」基本資料

観察(observation)


◆総論
□「観察は知識(情報)を得る手段として推論と、実在との関係に関しては想像と区別される。一方、観察を補強する手段として種々の装置が用いられるが、これらを観察と区別する可否が問題として生じる。
 科学方法論では、観察による事実の確認を通して、観察者に理論的な問題が提起されたり、理論のヒントが与えられるという側面と、観察によって理論の正しさがテストされるという側面が問題になるが、現代の哲学では主に後者の側面に重点を置き、観察言明をめぐる認識論的な議論がされている。その場合観察の「純粋」さ、すなわちある観察言明が仮定や理論に基づく推論に依存してはいないこと、また想像を交えていないことが要求される。しかし観察言明の中で指示される特定種類の事物が備えるべき諸々の性質は、通常、全部同時には観察されない。多くの観察は「xをAとして見る」ことにより成り立つが、これは観察が明らかにしない、したがって疑い得る仮定に依存しており「純粋」でない。観察の対象を単純な感覚与件に換えるという代案が考えられるが、そうすると理論との関係は見通せなくなる。一般に、テストされる理論との関係が間接的になれば、「純粋」であることの利点は消失する」(渡辺[1998:280])

□「観察という行為が、認識論的にどのような身分をもっているか、という点については議論が多い。しかし、少なくとも、単に人間が外界で受動的に受け取ることが観察ではないと考える点では、一応、一致点があろう。観察は、科学における法則や理論へのデータの収集を目的とするのが普通であるが、そこには、(1)観察という行為が対象に与える干渉 disturbance が、観察されていない対象の状態を原理的に排除する(暗闇で人が赤面するか否かは、原理的に観察できない)、(2)観察する場合の基礎として、すでになんらかの理論体系が予想されている、という少なくとも二つの問題点がある。(1)の局面がきわめて重要となるのは、量子力学においてで、そこでは観察の理論として定式化されている。(2)では、一般に観察と解釈とは別の行為である、という形で、全く理論体系を前提としない「純粋な」観察を認めようとする立場も多いが、ハンソン N. Hanson のように、「観察することは、解釈することだ」というテーゼから出発する哲学者もまた多く、一つの論点を形成している」(哲学事典[1971:269])


▼文献
●――――、1971「観察」林・野田・久野・山崎・串田監修[1971:269]
●渡辺博、1998「観察」廣松・子安・三島・宮本・佐々木・野家・末木編[1998:280-281]

■林達夫・野田文夫・久野収・山崎正一・串田孫一監修、1971『哲学事典(改訂新版)』平凡社.
■廣松渉・子安宣邦・三島憲一・宮本久雄・佐々木力・野家啓一・末木文美士編、1998『岩波 哲学・思想事典』岩波書店.

▼関連
◆20130707

HOME ≫「社会情報学」基本資料