HOME ≫「社会情報学」基本資料

参与観察(participation observation)


◆概念
□「社会調査のなかで事例研究に用いられる技法のひとつ。調査対象となる人々の生活の場に長期に渡って実際に参加しながら観察や質問を行うことにより、そこで自然に生じる出来事や相互行為に対する現場の人たち自身の意味づけや解釈枠組みを明らかにすることを目的とする。この技法が有効性を発揮するのは、階層的・専門的・文化的等々の理由により調査者と調査対象者とのあいだに大きな認識の溝があると想定されるときである。調査対象の具体例は、スラム、ホームレス、コミュニティ、病院、更生施設、学校、会社、労働現場から、大衆演劇、暴走族、ギャングなど多岐に渡る。ただ、当該集団のメンバーとしての役割を演じながら調査行為を遂行するという点で、調査倫理上、被調査者との間で一定のインフォームド・コンセントが求められる」(三浦[2012:494])
▼文献
●三浦耕吉郎、2012「参与観察」大澤・吉見・鷲田編集委員・見田編集顧問[2012:494]

■大澤真幸・吉見俊哉・鷲田清一編集委員・見田宗介編集顧問、2012『現代社会学事典』弘文堂.

▼関連
◇質的調査と量的調査

◆20130511, 0630*

HOME ≫「社会情報学」基本資料