HOME ≫科学技術倫理

病/病気(illness and suffering / disease, illness, sickness)


◆総論
□「病気は人生の根源的な経験の一つである。身体的・行動的・心的・社会的・精神的な諸次元の障害(disorder)のすべてが、この現象の中に包摂される。それゆえ、自然と文化、遺伝と環境、記述と規範がここでは一体となっている。病気を表す言葉は多様であるが、通常、以下のように区別されている。個人的・主観的な病気(不調・病)としての illness、医学的に客観化された病気(疾患・疾病)としての disease、社会的役割・スティグマとしての病気(―病・ビョーキ)を意味する sickness」(森下[1997:214])

□「病とは、身体あるいは精神のはたらきが、社会のメンバーとして活動するのを妨げるほどに阻害された状態である。ただし、身体の外見の醜さや奇形のように、対面的な相互作用のスムーズな展開を阻害するものを含む。なお、こうした状態から意思の力で脱することができる場合(意図的な逸脱行動)や、この阻害が高齢期に老化の過程で多くの人々に生じる場合や、その状態が固定し、そこから回復させる手段がない場合(障害)と病は区別される。ただし、これらと病との境界は、時代、文化、阻害・・1275 が生じた状況とその結果によって変わりうる。また、両方に分類される場合もある(たとえば精神障害で、医師の治療を受け、かつ障害者福祉の受給者になる場合)」(黒田[2012:1275-1276])

◆病気の概念史
・古代
□「病気の観念は、文化や時代により異なる。この観念が医療の現実をかたちづくるとともに、倫理の根幹をなしている。原始の人々にとって、病気は神霊や罪との結びつきの中にあった。メソポタミアやエジプトなどの古代文明では、病気は自然的であると同時に宗教的な現象であった」(森下[1997:214])

・古代ギリシアから中世
□「古代ギリシアではヒポクラテス学派が登場し、宇宙秩序の中の身体の調和の乱れとして病気を説明した。この解釈は古代ローマ時代のガレノスにより病気体液説として集大成され、中世ヨーロッパにおいては救済史観と結びついて広まった。ヨーロッパ以外の諸文化においても同様であるが、病気の説明体系は違っても、治療の中心はあくまで個人の善き生の一部としての「養生術」にあった」(森下[1997:214])

・ヨーロッパ近世
□「ヨーロッパ近世になって機械論的な身体観が登場て以来、病気の観念は科学的な「客観化」と国家的な「政策」のレール上にのせられる。ロマン主義的な思潮を例外として、病気を見る視点は病状から原因へ、生体から死体へ、器官から組織をへて細胞へ、観察から実験へと移り、また、人間の善き生としての養生術も単なる食餌療法へと形骸化する。19世紀後半から20世紀にかけて、病気の細菌原因説が登場し、外科的技術が発展するとともに、抗生剤の投与が医療実践の主流になった」(森下[1997:214])

◆先進社会の病
□「第二次世界大戦後、とくに1970年頃から、病人とその処遇にいくつかの変化が現れる。まず、子ども期や青年期を、感染症で早逝することなく生き延びて、老人期に至る人々が大多数となる(人口転換)。その結果、老化に伴って発症しやすく、根本的な治療法のない疾患(慢性疾患)を患う人々が多くなる。また、こうした疾患の発症に関連するさまざまな要因(危険因子)が疫学調査で明らかにされ、そのうち、血圧、血中コレステロール濃度などの生体の機能や生化学的な状態を示す値が平均より高すぎる、あるいは低すぎることが疾患とされて治療対象となる。食生活のパターンや、運動量のような生活習慣に関わるものは、生活習慣を改善することで、将来の、こうした生活習慣関連疾患の発症確率を減らすように努めなければならないとされる(ヘルスプロモーション)。さらに、多動傾向など子どもの学校での学習困難や、アルコールや違法薬物の乱用などが疾患とされ、治療の対象となっていく(逸脱行動の医療化)」(黒田[2012:1276])


▼文献
●森下直貴、1997「病気」星野・三嶋・関根編[1997:214-215]
●木下康仁、1999「病」庄司・木下・武川・藤村編[1999:983-985]
●黒田浩一郎、2012「病」大澤・吉見・鷲田編集委員・見田編集顧問[2012:1275-1277]

■星野勉・三嶋輝夫・関根清三編、1997『倫理思想辞典』山川出版社.
■庄司洋子・木下康仁・武川正吾・藤村正之編、1999『福祉社会事典』弘文堂.
■大澤真幸・吉見俊哉・鷲田清一編集委員・見田宗介編集顧問、2012『現代社会学事典』弘文堂.

◆20130419, 0627*, 0822

HOME ≫科学技術倫理