HOME ≫事項リスト

本質(essence ; Wesen ; to ti estin ; essentia)


◆ギリシア――ソクラテス・プラトン・アリストテレス
□「本質を表すギリシア語の表現はこの「何であるか」の問いを定式化したものである。これと「どのようなものか」は峻別されなければならない。後者はどのような性質か、ということにすぎない」(山本[1998:1506])

□「最初に考察したのはソクラテスである。ソクラテスは人々が日常当たり前に使用している敬虔、正義、友情、美、勇気、徳、節制などといった、人間の生を形づくる倫理・価値の言葉(X)について「Xは何であるか」を問うた。これを知らなければXに関して何の的確な判断もできないではないか。そしてこの問いに答えるはずの定義は、Xのあらゆる事例について妥当しなければならないこと(普遍性)と、Xの事例にのみ妥当す・・1506 ること(固有性)を規準として要求した」(山本[1998:1506-1507])

□「プラトンはこのソクラテスの問いをそのまま受け止めた。イデアという構想が生まれてきたのは、「何であるか」という問いの文脈であり、これを離れてはなかった。つまりXのイデアとは「Xとは何であるか、それ自体」に他ならない〔メノン、71a〕。すなわち「Xとは何か」を問うては答え答えては問う探究の文脈にあって、「何か」とどこまでも問わせ続けている〈それ〉、である。しかしやがてプラトンは「何が完全にXであるか」から「Xは何であるか」に答えるものを構想し、Xの事例に対する完璧モデルをイデアと解する〈範例イデア論〉に到達した」(山本[1998:1507])

□「ソクラテス、プラトンが問題にしたXはすべて価値語であり、あるもの(a)を主語にしてXである、と語る述語の働きをする。しかし「aはXである」も状況、立場、時代、国の条件が変れば「aはXでない」「bのほうがもっとXである」に転化することも多い。同じ行為でも人により、時代により、国によって「正しい、正しくない」の評価が違うのが現実である。比較によってどうにでもなる。そうであるからこそ、「Xは本当は何であるか」と本質が問われたのである。しかしこうした条件や比較によって揺るがないものにアリストテレスは着目した。「aはXである」と語られる当の主語の位置に最終的に立てられる個々の物の存在である。この人、あの犬といった個体である。[…]換言すれば、〈これ〉と指示される個体は必ず、その「何であるか」に答える種と共に掴まれており、個体は「これは何であるか」の問と答が凝縮合体したこの人、この犬、である。本質の規定のない裸の〈これ〉が存在しているのではない。したがって個体は本質の現実態として存在である。
 種が個体の本質であるが、その種の本質は更に「何であるか」に答える定義によって与えられる。定義は類と種差による。人間では、動物が類であり、2本足で立つが種差である」(山本[1998:1507])

◆大陸合理論と、イギリス経験論――スピノザとロック
□「大陸合理論においては、本質についてのスピノザの次の定義だろう。すなわち、「私は次のようなものを物の本質であると言う。つまり物の本質とは、それが与えられれば、当の物が必然的に定立され、それが除去されれば、当の物も必然的に消滅するようなもの、あるいはそれがな・・1507 ければ当の物が、また逆に、その物がなければそれが、存在することも考えられることもできないようなものである」〔エチカ、第2部定義2〕。また、イギリス経験論において注目されるべきは、ロックにおける〈実在的本質〉と〈名目的本質〉との区別だろう。それによれば、単なる〈名目的本質〉から区別されるべき〈実在的本質〉とは、われわれにとって認識可能な諸性質(単純観念)にのみかかわるものであり、この諸性質がそこから生じる限りでの、物の内的な構造である。[…]つまり〈本質〉とは、ある物が当のその物である、その物の内的根拠なのである」(高山[1998:1507-1508])

◆本質と存在――ヘーゲル
□「こうしてカントまでの本質論において本質とは、物の根拠、原理である。存在するある物が、当のその物であるのは、もっぱらその本質によっている。その意味で、〈本質〉は〈存在〉に先立っている、と言うことができよう。だがヘーゲルが近代において、こうした本質観の転倒を試みた。それによれば、本質とは、一定の原理として当の物に内在しているものではない。そうではなく、本質とは「生成と移行との運動」なのである。つまりそれは、現に存在している物のあり方(仮象)に基づいて、われわれがそれを設定(定立)すること(仮象から本質への移行の運動)によってはじめてそれ自体として〈生成〉するものなのである。ここにおいては、存在と本質とが転倒している。つまり事柄として、〈存在〉が〈本質〉に先立っているのである」(高山[1998:1508])


▼文献
●山本巍、1998「本質 1.西洋【古代ギリシア】」廣松・子安・三島・宮本・佐々木・野家・末木編[1998:1506-1507]
●水田英実、1998「本質 1.西洋【中世】」廣松・子安・三島・宮本・佐々木・野家・末木編[1998:1507]
●高山守、1998「本質 1.西洋【近代】」廣松・子安・三島・宮本・佐々木・野家・末木編[1998:1507-1508]
●清水哲郎、2002「実存と本質」永井・中島(義)・小林・河本・大澤・山本・中島(隆)編集委員[2002:460-462]

■廣松渉・子安宣邦・三島憲一・宮本久雄・佐々木力・野家啓一・末木文美士編、1998『岩波 哲学・思想事典』岩波書店.
■永井均・中島義道・小林康夫・河本英夫・大澤真幸・山本ひろ子・中島隆博編集委員、2002『事典哲学の木』講談社.

▼関連
◇実存主義
◆20110308, 20121226, 20130918*

HOME ≫事項リスト