HOME ≫「社会情報学」基本資料

ゲマインシャフトとゲゼルシャフト(Gemeinschaft / Gesellschaft)


◆総論
□「ドイツの社会学者テンニース、F. が提起した対をなす社会関係の形式。社会類型の概念としても用いられる。ゲマインシャフトは「共同社会」、ゲゼルシャフトは「利益社会」と訳される」(冨江[2012:352])

□「マルクス、テニエス、ウェーバー等の社会理論で用いられた、社会の二類型。とりわけテニエスの『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』における規定が広く知られている。テニエスによれば、本質意志に基づく関係態がゲマインシャフトであり、選択意志に基づく関係態がゲゼルシャフトである。このテニエスの規定の含意を、他の論者の用法をも視野におさめつつ、(1)マルクスの「依存関係史論」や(2)パーソンズの「型の変数」の概念を用いて整理するならば、ゲマインシャフトは、諸個人の間の、人格的((1) perönlich)あるいは非限定的((2) diffuse)な関係であり、ゲゼルシャフトは、諸個人の間の、物象的((1) sachlich)あるいは限定的((2) specific)な関係である、と定義することができる。すなわち、互いに他人の人格の全体に非限定的に志向しあうことによって結合される関係態がゲマインシャフトであり、他者の属性の特定の側面に関して功利的に志向しあうことによって結合される関係態がゲゼルシャフトである。ゲマインシャフトの典型例は、家族や村落共同体である。ウェーバーは、特に家族共同体こそが、ゲマインシャフト関係 Vergemeinschaftung を最も適切に表す、としている。ウェーバーは、さらに、恋愛関係や敬虔関係をもゲマインシャフト関係に含めている。ゲゼルシャフトには、一方には、利己的な諸個人の間の潜在的・顕在的な競合を基礎にしている関係である。都市や市場のような事例が、他方には、自由な選択に基づく契約によって競合を放棄し、統一的な目的のために連合する、会社のような事例が含まれる」(大澤[1998:438])

◆ゲマインシャフト
□「ゲマインシャフトは「実在的有機的な生命体」に喩えられる。この関係にある者同士は、全人格的に融合・愛着・信頼によって離れがたく結びつき、彼らの間では共同生活が組織され、共同財の所有と享楽が行われる。
 ゲマインシャフトには、血縁によって結びつく「血のゲマインシャフト」すなわち「肉親」、田畑を共有する「場所のゲマインシャフト」すなわち「近隣」や「村落」、そして職業や宗教を媒介とする「精神のゲマインシャフト」すなわち「都市」(大都市ではなく手工業が営まれ住民自治が行われる都市)や「朋友」がある」(冨江[2012:352])

◆ゲゼルシャフト
□「[…]ゲゼルシャフトは、契約や協定によって成り立つ「観念的機械的な形成物」である。この関係にある者同士は、利益のために結合し、合理精神にもとづく契約を取り結ぶ。ゲマインシャフトでは共同の所有が行われるのに対して、ゲゼルシャフトでは排他的な個人的所有の原理が貫徹し、人々は互いに結びつきながらも孤立している。
 ゲゼルシャフトとは、「万人が商人である」ところの状態である。他人のために何かを為したり給付したりするのは、それと少なくとも同等の反対給付と返礼と交換である場合のみである」(冨江[2012:352])

◆本質意志と選択意志
□「テンニースは、すべての社会関係は人間の意志によって結ばれると考え、ゲマインシャフトとゲゼルシャフトの紐帯をなす意志形式を、それぞれ「本質意志」と「選択意志」と名づけた。本質意志とは人間に生まれながらにそなわっているもので、「適意」「習慣」「記憶」という形式をもつ。一方、選択意志とは思惟の産物であり、「考量」「決意」「概念」という形式をもつ」(冨江[2012:352])


▼文献
●大澤真幸、1998「ゲマインシャフト/ゲゼルシャフト」廣松・子安・三島・宮本・佐々木・野家・末木編[1998:438-439]
●冨江直子、2012「ゲマインシャフト/ゲゼルシャフト」大澤・吉見・鷲田編集委員・見田編集顧問[2012:352-353]

■廣松渉・子安宣邦・三島憲一・宮本久雄・佐々木力・野家啓一・末木文美士編、1998『岩波 哲学・思想事典』岩波書店.
■大澤真幸・吉見俊哉・鷲田清一編集委員・見田宗介編集顧問、2012『現代社会学事典』弘文堂.

▼関連

◆20130608, 0630*

HOME ≫「社会情報学」基本資料